アコギを選ぶ要素 わかりやすいコノ部分から「CRAFTER(クラフター)」を

2013年11月6日

アコギ その他メーカー

t f B! P L
『数本アコギを所有していたとして、いつも手を伸ばしてしまうアコギってなんだろうか?』

結論を言えば「気に入っているアコギ」となるも、その気に入る基準というのが人それぞれ異なるもの。

例えば


  • 音や鳴りが好み
  • 弾きやすさ
  • 憧れの有名ブランドのモノ
  • 見ため
  • 他人の評判


などなど。

しかしこの中で、楽器店で試奏していても冷静になかなかピタッと判定できない要素があるのも事実。「音や鳴りが好み」コレなんて、楽器店の雑踏の中で新品のアコギを弾くドキドキ感もあり、あまりに鳴らない場合はともかく、普通に鳴っていれば『なかなかいい』と思うから不思議。

「憧れの有名ブランドのモノ」にしても、それだけを理由にしちゃうとソレを大声でいつもアピールするわけもいかないので、それ以外で気にいる要素が無ければ、弾く回数が少なくなるかも。

そんな中、僕が大事にするのは

「弾きやすさ」と「見ため」

これはわかりやすいので、じっくりと検討する要素。

実際、今持っている3本ともその目線からの選択です。だから、人に何がおすすめかと言われれば


こんなあちらこちらに「ツインバード」があしらわれているこのような見ために目が奪われるモデルをすすめてしまう次第(笑)。

でもこのCRAFTER(クラフター)のアコギってどれもこれもデザイン性が高く、好みのモデル多し。噂では、作りが粗いなどと言われてますが

『あばたもえくぼ』

という言葉がまさしくよく似合うブランドですね。

※参考サイト
CRAFTER(クラフター)ギターのホームページ

最新音楽活動情報

ブログ 検索

ブログ アーカイブ

QooQ