アコギ弾き語り 練習時に気をつけること ライブ時に意識していること

2013年12月15日

弾き語り 弾き語り論

t f B! P L
アコギの弾き語りは、アコギ1本と歌で勝負が基本。バンドと違い、色々な楽器があるわけではないです。なので、アコギ1本でいかにバリエーションをつけるか。

練習の時はテクニックの練習をしますがライブ本番の時は、アコギ1本でどれだけメリハリのある演奏ができるのか...これが1番に考えてること。

具体的には、アコギ1本の演奏で色々な楽器を表現できれば...等と思ってます。当然同じ楽器なので、厳密に言うと無理なんですが


  • 音の強弱
  • 奏法
  • ちょっとした小技


などなどで随分が印象が異なるもの。なので、曲の前半から最後までどのように盛り上げるかを考えながらライブのステージに立つことが多いです。



時にはコチラ↑↑のように、テンポまで意識して早くすることも。

練習では正確なプレイ、テクニックを。ライブでは楽曲全体の音と構成の流れを意識。そうすることで、自分自身の気持ちまで流れに乗れそうな気がしてます。

...ただコチラ↑↑の動画では、僕は流れにのってますがお客様を置き去りにしてる感がありますが(汗)。

最新音楽活動情報

ブログ 検索

ブログ アーカイブ

QooQ