初詣で引いたおみくじは、運勢より書いてた言葉が響いた2020年初日でした

2020年1月1日

Life Log 日記

t f B! P L
新しい年になりました。2020年も変わらず一日一日夢中で過ごせて、結果いい一年であったと思い返せたらと思います。今年もよろしくお願いします。

さて元日と言えば...

毎年お参りする神社へ初詣へ。小さな地元の神社ですが、それでもお参りするのに20~30分程待ちました。さすがに元日。人が一杯やね(^_^;)。

で、お参りの後はお約束の「おみくじ」を。


おみくじは「小吉」。ですが、運勢よりもその書かれている中身がおみじくは大事だと言われてるので、今年はその内容をちょっと掘り下げてみますと...
晴れ渡る月の光にうれしくも行く手の道のさやかなりけり
って書かれてました。読むと、ほんとにいい言葉やなぁ~って。

『あせらずさわがず静かに身を守って進むべき時に進めばよし』って書いてある。いいね。欲を持ちすぎる事なく、また大きな事を望むわけでなく肩ひじ張らず行けよって言われた感じがしますわ。

とかく新年には、『今年はこんな風にしよう!ライブは○○...とか、ランニングは○○!』みたいな、ちょっと力の入った目標を立てたくなるもの。確かにそれも大事だと思うけど、成るように成るって感覚も大事じゃないかな。無理なくストレスにならない程度にやればいいと思ってます。何度も言ってますが、今と変わらずってのが一番の願いでもあります。細かい事は色々あるけど、大きな心配が無い今の状態は尊いもんですから。なにも焦る必要も、騒ぐ必要もないわけですよ。元旦からいい言葉をおみくじからいただいた気がします(^^)。

最新音楽活動情報

ブログ 検索

ブログ アーカイブ

QooQ