人間は良い点や幸せは気づきにくく、悪い点や不幸せは気づきやすいと思う

2020年1月24日

Life Log つぶやき

t f B! P L
昨日は会社の後輩と日帰りで



コチラ↑↑へ出張へ。正式名称が小さく書いてるのが笑っちゃいますな(^^)。いつもこちらに訪問すれば、もちろん「うどん」をいただくんやけど、今回は目的地との往復で食べずじまい。...今部ブログを書きながら「うどん」の舌になってきたので、せめてお土産でも買っておけばよかったと後悔しています(^_^;)。

良い点と悪い点について

そんな出張の道中で後輩と、「ウチ(勤務先)のいいところって何?」って話になったんですわ。こんな質問っていつも難しいなぁ~って思う。と言うのは、いいところを挙げるって難しいんですよ。でもね。

逆はわかりやすいですよ。

僕も悪いところとか不満な点ってのはすぐあげられますもん。今の自分に対して、何か満ち足りていないものってことになるから、これはわかりやすいと思うんです。足りてない事が不満であり不幸せと感じる要素ですからね。日頃から不足している部分で、常日頃からそう感じているからマイナスのイメージはすぐにできるんやろうと思う。一方

良い点ってわかりにくくないですか?

悪い点が不足している事って考えれば、満ち足りている部分が良い点って事になる。でもね。この足りてる部分って日頃から感じにくいでしょ。なんか

当たり前になってるって感じで。

例えばさっきの勤務先のいいところって話。
  • すぐに倒産するかもしれない
  • 給料が支払われない
って心配がないのであれば、まずは安定した環境に満ち足りていると言えると思うわけですよ。でも、そのこと自体が当たり前だと考えて、いい点だと意識しにくいんよね。どうも人間って満ち足りているものは当たり前の普通に感じ、不足しているものは不満に感じがちになるのかな。

「今自分でも気づかない事がいい点じゃないかな?」(ふじみき)

そんな事考えながらそう答えたわけ。...でも後輩は

『何を屁理屈言ってるんやろ、このおっさんは!』

って目をしながら僕を見てたけどね(^_^;)。

ブログ 検索

ブログ アーカイブ

QooQ