大手や著名人が興味を持ってる今 今後YouTubeで夢をつかむのは難しいか 

2020年1月2日

サービス ネット

t f B! P L
お正月は退屈だとお考えの方もいるでしょう。でも、家で何をすることなく過ごせることもこれも一つの幸せ。ここは存分に退屈を楽しんだらいいと思うんよね。

改めてテレビについて思うこと

正月テレビって面白くない...見るものがないって言われる事が多い。確かにね。どのチャンネルを見ても同じようなお笑い番組やタレントが出てくる内容に、『もういいや』ってなるのもよくわかります。でも改めて、そのような事って正月番組だけに限らないなぁ~って思うわけですよ。自身を振り返ればテレビって本当に見る事が少なくなった。今見るのはもっぱら、ニュースとかスポーツ中心で作られたコンテンツでなくリアル情報ばかりやからね。

一方「YouTube」について

で「YouTube」をよく見てて、この正月も結構お世話になってます(^^)。ユーチューバーなんて言葉もまだまだあるけど、最近は著名人の方がオフィシャルチャンネルを開設してて、自ら動画をアップされているのが多い。僕はどちらかと言えばコレを見てて、テレビで前振りが長すぎで中々見るまでに時間がかかるような内容が、すぐに楽しめるのが嬉しいよね。こんなの見てると、テレビってエンターテイメントという側面では、限界があるように思うな。



今はあまり見る事ができないけど、若い時はプロ野球が好きだったんで、こんなのよく見ます(^^)。こんな動画↑↑が簡単に見れるなんて凄いよね。これテレビでやってもかなり視聴率とれるでしょ。でもこれがYouTubeで見れるってのがいい。

ロンブーの淳さんだったかな。YouTubeでは自分が本当に発信したい情報を伝える事ができるって言ってた。テレビだとどうしてもテレビ局やスポンサーの意向で、収録した内容に編集が加えられて、それがひょっとして自分の意図と違うニュアンスになるかもしれないからって。なるほどなぁ~。こんな意見を聞きながら、これからもどんどん著名人がYouTubeへ進出するやろうなって思ったわけです。

それだけに今後のユーチューバーは...

これまでは著名人でもない人が、動画だけで人気を集める事ができたYouTube。そんな人気ユーチューバーが数多くいるけど、今後はどうかな?なんて先の話からも思っちゃうんよね。個人で夢が見れた時代はそろそろ終焉かな?って。著名人や大手エージェントが、誰でも夢が見れた世界を一気に席巻するような気がするわけね。僕も弾き語り動画チャンネルをYouTubeで持ってる。一時は『夢を見れないか?』って思たった事もちょっとあったけど、YouTubeもレッドオーシャン状態の今です。無謀なチャレンジはやめてます(^_^;)。でもきっと、次にまだ未開拓のネットサービスが現れてくるんだろうと思う。何といってもそれがネットの面白いところですから。...それには乗り遅れないよう、アンテナを張っておかなきゃね(^_^;)。

最新音楽活動情報

ブログ 検索

ブログ アーカイブ

QooQ