卒業式出席の日 三年前に作った曲「咲くサクラ、散るサクラ」を振り返る

2020年2月28日

オリジナル曲 音楽活動

t f B! P L
今日は休暇をいただきまして


次女の高校卒業式へ。娘たちのこんな場面に立ち会うのは最後になると思うけど、毎度のことながら彼ら彼女らの厳正な式での姿を見ながら感動する気持ちと、それらを通して自分のその当時の事を思い出すんよね。

ちょうど3年前のこと

長女が高校卒業、次女が中学卒業だったわけです。同じように2つの式を通して、当時の自分を思い浮かべて作った曲があるんです。



「咲くサクラ、散るサクラ」って曲。何度もライブでは言ってるし、ブログでも書いたことがあるかもしれないけど、自分のオリジナル曲では一番好きな曲。2018年に作ったCDもこの曲から「サクラのように」ってアルバムタイトルを付けたほど(^^)。

夢や希望いっぱいの当時の僕に対して、今の僕が言いたい事

を書いた曲。

あの日が過ぎさるのを恐れ
次の道にも期待してたんだ
どちらも愛しい日々に思えて
おめでとうさえ邪魔くさかった

高校生活の思い出がだんだん遠くなっていくのもいやだし、次の生活の希望もある。どちらも大切にしたいって思ってた時に「おめでとう」って言われても、どう対応していいかわかんなかったんよね。

贈る言葉にも書いてなかった
偉い人の言葉にもなかったよね
確かに過ぎる時間が早いって
あの時君は気づいていたのかい

夢や希望が一杯!ってたくさん祝辞をくれたんやけど、でも時はアッという間に過ぎる。夢や希望は待っていても、また勝手にやってくるもんでもないって当時はわかってなかったなぁ。

あの場所で立ってた僕に
今の僕は恥ずかしくないかな
頭をかすめ眠れない夜
あの日泣いてた君を思い出す

夢や希望が一杯だった当時の自分が描いていたどおりの大人になってるのか。全く自信がなくてね(^_^;)。また、何かに感動の涙か決別の涙か決意の涙を流してたあの同級生は、当時の自分に胸を張って今を生きてるんじゃないかって思ったわけです。

サクラのように一気に咲いてくれればいいね
美しい花が僕にさようなら言ってくれるから
サクラのように綺麗に落ちてくれればよかったね
散る潔さが僕にありがとう言ってくれるから

咲くサクラはこれからの未来、散るサクラは愛おしい思い出。未来が一気に咲けば、思い出はいい思い出になりひきづられることもない。そしてその思い出が自分の糧にきっとなる...みたいな事を言いたかった。「さようなら」と一旦区切りをつけたり、「ありがとう」って振り返ることができるのは、その時が充実してるときですからね。

言いたかったのはもちろん当時の自分に対してですけど、もちろん娘たちにもってことにもなる。彼女らの何倍も生きてるけど、濃密な時間ってのはこの頃だけですから。だから大切にしてほしいんですよ。この頃の出会いも思いも気持ちを。僕も今更ながらそんな気持ちを残しておきたく作った曲です。もちろんこの季節の曲ですから、当分はライブでヘビーローテする予定です(^^)。

ブログ 検索

ブログ アーカイブ

QooQ