公式サイトに情報が掲載されない時代 情報受信側の取捨選択する力が必要

2020年2月29日

サービス ネット

t f B! P L
もはや公式ウェブサイトがその情報のすべてを網羅する時代ではなくなったのかもって思う。何に置き換えられてるのか?っていうともちろんSNSです。

SNSで発表することがもはや当たり前


先日の常盤ちゃんのCMもインスタでの発表でした。

少年の心を持ってるからこそできる大人買い 常盤ちゃん新CMでがぜんやる気に

公式ウェブサイトには今もまだ情報がなく...(^_^;)。確かにね。僕もそうだけど、ブログやらSNSやらやってると、全てをまんべんなく情報を統一するって難しい。だからこそ情報発信側としては本来一つに集中すべきなんやけど、受信する側が多様化してるからね。色々な媒体やらサービスに対応しないといけないわけです。

で、今回はこちらのカタログ完成情報

その中でも情報は鮮度が命。ってことでリアルに反応がわかりやすいSNSが重宝されがちです。ってことなのか楽しみにしていた

K.YAIRIが新しいカタログ製作中とのニュース やはり紙なくして壮大な夢は語れない

K.YAIRI新カタログ完成のニュースもインスタでした。で、公式ウェブサイトといえばニュースを伝える「お知らせ」にも記載なし。まぁ~よく見れば新カタログを注文することができるページがあるんやけどね(^_^;)。

こんな感じで公式ウェブサイトの役割ってのが変わってるのかって思う。過去の情報であったり固定的な情報のみになるのかって。新しい情報や都度変わる情報はSNSでってのがトレンド。確かにSNSの情報はタイムラインで流れた後は埋もれちゃうから、それが都合がいいって情報もあるからね。発信側もサービスや媒体によって情報発信をわける時代がもうそこに来てるかもしれない。そんな時代になれば、情報収集する側が自ら情報を探して、不要なものを捨てる時代になるかもですね(^^)。

最新音楽活動情報

ブログ 検索

ブログ アーカイブ

QooQ