何度目か忘れたけど「YW-K13-MAP」よ再び いつでもどこでも80点が欲しい

2020年2月13日

YW-K13-MAP アコギ

t f B! P L
血液型ごとのキャラクターイメージってあるじゃないですか。B型の人は○○みたいな。でもみんな思ってるはず。そんな4種類に分類されるわけないって。「○○みたいな」みたいな性格の表現においてもそうで、全てがそうであることはない。例えば「頑固者」という人。僕も人からそのように言われたりします。確かに頑として曲げない部分ってのはあります。でも反対で飽き性というか意見や考えをコロコロ変えるところもあるわけ。どのキャラクターがその人を象徴しているかってことでイメージができるんやろうけど、言いたいのは人の性格ってきれいに線引きされてるわけでなく、多面性があるってこと。よく「あの人は二重人格で...」なんて言うことありますが、そんなの当たり前。2つどころか色んな側面が人にはあると思う。だからこそ、面白いと思うんよね。

頑固者ではありますが...

飽き性であり言うことがコロコロ変わるのも僕。飽き性ってのは違うかな...変化したいって感じなんですよ。例えばブログサービスを変えたり運用を変えたりするような目に見えるようなモノから考え方とかですね。よりいいものになるように...という思いからの変化ではありますけど、行ったり来たりして進まない事も多々ありますね(^_^;)。

今度の変化は「YW-K13-MAP」への考え



このアコギも購入して、もうすぐ丸9年。初めて購入したオール単板のモデルです。持っている中では唯一ピックアップ(PU)がついてなく、ライブでも数回程しか使った事がないです。

ほんの数か月前までは、もうPUをつけずにおいておこうと思ってたんですけどね...。やっぱりつけようかと考えが変化しています。これで
  1. PUつけたい
  2. とりあえず加工なしのFishman Neo-D購入
  3. やはり固定的につけたい
  4. でもやっぱりつけない方がいいか
と過去4回気持ちが変化して、またまた着けよう!って変化した次第です(^_^;)。

まぁ~このあたり「勝手にしろや!」って部分なので勝手にはしますけど、ただここ数年PUを見ていてコレ!ってのが見つからないのよね。音はつけてみないとわからない部分があるんで評判などから判断するしかないけど、
  • アンダーサドルはちょっと...(加工がいやかな、エンドピン穴だけにしたい)
  • マグネットはちょっと...(弾くときに気になりストレスがある)
となると、コンタクトピエゾかマイク系になるわけ。

僕が手の出せる価格帯で言えば、まず思いつくのはL.R.Baggsの「iBeam」か「Lyric」ってなってくる。「iBeam」は「FG-300D」につけてるから音の傾向は理解してるけど、「YW-K13-MAP」に合うかなぁ~。「Lyric」は「いい!」っていう人と「う~ん」っていう人に分かれるのと『プレゼンス・コントロール調整』が肝ってよく聞くので使いこなせるかなっていう不安が。

もっとコレは!ってPUはないものか。どこの会場でもどんな場面でも気軽に簡単にストレスなく80点(100点でなくていい)のパフォーマンスを出してくれるPUが。また気持ちが変わらないうちに、いろいろ調べよぉ~っと(^^)。

最新音楽活動情報

ブログ 検索

ブログ アーカイブ

QooQ