たくさん情報は見聞きしても種類は多くない そんな時代の弊害を考えてみた

2020年3月7日

Life Log つぶやき

t f B! P L
受験シーズンです。以前は構内に掲示された受験番号を確認するなんて風景をニュースでよく見たものですね。ただ実際は僕らの時代でも郵送で合否結果が送られてきてたし、その昔は

サクラサク

って5文字で合格をしらせる電報があったみたい。たった5文字だけど、結果だけでなくいままでの努力がよみがえり、その先の明るい未来も見えてくる...言葉からそんなことが読み取れる気がする。そう、短くても伝わるんですよ。

たくさんの情報があちらこちらに

Softbankが5Gサービスを提供するってニュースが出てました。

ソフトバンクが3月27日に5Gサービスを開始。実質、2年間は4Gの月額料金のまま利用可能 - 価格.comマガジン

第5世代になって、なんと4Gの理論値100倍の超高速通信が可能ってことですから、あらゆるモノからの情報がより多く提供されることになります。

でもねぇ~...。

そんなにたくさんの情報っているかなぁ~。その情報を処理した後、吸収するか捨てるかを判断するのはあくまでヒトでしょ。ヒトの情報処理能力が100倍になるなんて絶対ないからね。今でさえ情報過多って思うのに、処理できるのかなって思うんです。

情報過多による弊害

確かに多くの情報がすぐに入ってくる。でも多くの情報であって、色んな情報じゃない。例えば今世間を騒がしてるコロナウイルス関連でもそうじゃないですか。

  • 国内で○○人の感染者
  • ライブハウスへ行ってた人に感染が広がっている
  • マスクが足らない
  • トイレットペーパ不足ってデマ

みたいな数種類の情報をあれこれ伝え方を変えて何度も垂れ流してるだけじゃないですか。見てて僕なんか『もぅ~いいわ』ってなっちゃう。多くの情報が伝えられてはいるけど、同じ情報ばっかり。色んな情報じゃないのであれば、5Gなんてあっても伝える情報がないんじゃないか...と思ってしまうわけ。

いや、もっと心配なのは今回のトイレットペーパー不足じゃないけど、情報操作によりヒトの行動や生活まで変えられてしまうってことね。情報を処理するのがヒトである以上、増えた情報を吟味することもなくそのままに受け取ってしまうようになってきてるからね。5Gなんてなれば、もっともっと弊害がでるんじゃないかな。

「サクラサク」みたく、たった5文字の情報からでも色々頭に思い浮かべて情報を処理していたあの頃。そんな事が今の時代には必要だと思うんですが...さていかがでしょう。

ブログ 検索

ブログ アーカイブ

QooQ