僕のアコギ歴史から 憧れも大事も、それだけで突っ走るのは散財を招くかも

2020年5月20日

アコギ アコギその他

t f B! P L
先程「mixi」というサービスを退会しました。といっても普段から使ってたわけでもないですよ。もう10年くらい前かな。流行ってた頃に使ってたんやけど、一旦やめて。で、コミュニティにのってた情報が見たくて、そのためだけに再登録したんですよ。だからずーっと

マイミクは0人状態でした(^_^;)。

それにしてもマイミクって言葉にノスタルジックな響きを感じるわ。さて今回削除したのは

ミクシィ、ソーシャルページ「mixiページ機能」を8月31日に終了へ

このニュースを読んで『へぇ〜 mixiなくなるの?』って思ったわけね。調べると「mixiページ」機能のみがなくなるってことみたい。でも、そのmixiページって機能そのものがどんなものかわからない状態で。と、いうかこのニュース見て『あっそうそう。アカウント登録してたんや』って思い出したので、忘れないうちに...ってことで削除した次第。この冷めぶり。マイミクからコメントをもらった時に心踊らせてた熱病が今となったら嘘のようですわ。

アコギに対しても熱病時代があった

振り返ってみれば、あまり深く考えずに「とにかく欲しい!」ってなって購入したアコギがかつて2本あります。


まずは10代の頃に買った「TAKAMINE PT-0110」。これは先輩が当時人気だったTAKAMINEのエレアコを弾いてるカッコいい姿に憧れてねぇ〜。とにかく「TAKAMINEのエレアコが欲しかった!」わけですよ。だから手に入れたその時の嬉しさで言えば歴代で一番だったと思う。ただ「TAKAMINEのエレアコ」が欲しかったわけで、このギターがよくて買ったわけじゃなかった。だから弾いているうちにフィーリングが合わないって思うようになって、結局手放したわけです。熱しやすくて冷めやすい...まさしくそんなギターだったなぁ〜。


次は「Alvarez YAIRI WY-1」。大好きな「YAIRI」ブランドで、プロからも評判よく実際使ってる方も多い「WY-1」。いいギターだと思ってたし、エレアコを買うのならコレって思ってた。だから知り合いの方から譲ってもらった時は、これでもう欲しいギターは揃った!って。ただ確かにいいギターで周りからも評判良かったけど、やっぱり弾いていてしっくりこなかったんよね。弾いていて気持ちよくないって。

名前やイメージの熱病は冷めるのも早い

ちょっとした違和感がはじめは憧れやイメージがあるせいで『こんなものだろ』ってなるけど、だんだんと落ち着いて一つのギターとして向かい合うことになると『う〜ん...違うなぁ』ってなるもんです。

  • TAKAMINEのエレアコだから
  • YAIRIのプロも選ぶエレアコだから

ってまずギター本体よりも違うものに惑わされたわけ。そんな場合、そのメッキが剥がれたときには一気に冷めちゃうってなるのかなぁ。もちろん決して憧れが悪いわけではないと思うけどね。ただ憧れを憧れの対象のまま所有するのが嫌な方は、散財しますよって話です。まずそんな惑わす情報をリセットして、ギターから向き合うのが間違いないように思いますね。僕はですね...



国産(K.YAIRIとYAMAHA)のドレッドノートばっかり

なんですよ。弾いていて気持ちよいとか心地よいとかの結果ね。同じようなラインナップになっちゃってるけど、結局のところ、僕のしっくりするラインなんだから違うタイプのギターを所有するよりもいいのかなって思ってます(^^)。

最新音楽活動情報

ブログ 検索

ブログ アーカイブ

QooQ