最新鋭トラベルバック「GRUVGEAR Kapsule」は3WAYでキャスター付き

2020年5月7日

アコギ グッズ ケース

t f B! P L
会社でデスクトップパソコンを使っている後輩が、テレワークが導入される際にデスクトップパソコンを持って帰ったんですよね。その際に使ったバックがリュックサックタイプ。正しくは手で持てて、肩にかけれて、背中に背負える3WAYのタイプだったんですけど、それにしても最近は通勤時にリュックサックって増えた気がします。

昔は学生カバンのような手で持つタイプが主流だった気がしますが、ショルダーバックが主流になり、僕が最近使っているトートバッグが増えて、今はリュックが多い感じ。また出張の際とか旅行の際のカバンってボストンバックが多かったけど、今はキャスター付きのバッグが多いですよね。以前はキャビンアテンダントが使ってるってイメージだったけど、今じゃボストンバックが少数派になった気がする。そんな感じでバックの主流も変わってると思うんよね。

その理由って

リュックタイプは場所や用途により3WAYで持ち運び方が選べるのが便利。キャスター付きは持ち運びしやすいってのが一番でしょう。キャスターでコロコロさせて運ぶと随分と楽ですから。あと頑丈ってのもある。やはりこのあたりが人気の理由でしょうね。


そんなマーケット動向を素早くキャッチしたのかコチラ↑↑のようなトラベル用ギターハードケースが発売されたようです。こちらは、人気バックの機能である3WAYにキャスター付きという贅沢なハードケース。その分アコギが購入できるぐらいの価格がしますけどね(^_^;)。

なんと言っても普通のハードケースみたく手に持てて、ギグケースみたいに背中に背負えて、


ご覧のようにキャスターで転がして運ぶ事ができるのがいいんじゃないですか。ただ長いギターなんでかなり後ろまでケースが...って感じはするけどね。あと個人的にいいなって思ったのが、機材などを収納する場所が大容量らしいってとこ。ハードケースってネック下の「あの部分」しかないじゃないですか。ソレを考えればね(^^)。

Kapsule - AG (Acoustic Guitar) | ITEMS(製品情報) | Aria Guitars

ライブ活動であちらこちらに積極的に活動されている方はご検討されてはいかがでしょうか?

最新音楽活動情報

ブログ 検索

ブログ アーカイブ

QooQ