ラジオコンテンツ配信を「note」で 自分なりの「note」活用法が見えた感じ

2020年5月9日

サービス ネット

t f B! P L
以前も書いた事あるかな。中学高校時代ってラジオをよく聴いてもんです。深夜ラジオですね。家の中では勉強部屋として用意してくれた机がプライベートな空間だった。今みたいにネットやスマホがあるわけでもない。座ってスマホを眺めるなんてできないんで、ラジオを聴いてたんよね。関西では「ヤングタウン(ヤンタン)」が22:00から始まったんで、好きなパーソナリティの日は机に座って聴いてたなぁ〜。

そのうち聴くだけではなく、友人らとラジオ番組作ろう!って話になってラジカセの前に集まってラジオ番組みたいな事をやってカセットテープに録音してたっけ。台本も作ったりしてとにかく楽しかった。

ラジオって作ってみたいな...


ってのはそんな少年の頃から今までありまして(^^)。今はコミュニティFM局を開局することなくとも、ネット配信により世界中に配信することが可能です。例えば

  • ポッドキャスト
  • Radiotalk
  • Spoon

なんかはラジオ配信サービスとして有名だけど、例えばリアルで配信したければ「ツイキャス」があるし、録音したコンテンツ配信なら動画でなく画像と音声だけで「YouTube」へアップすればいい。僕はリアル配信(生放送ですね)は難しいなってことで「YouTube」にテスト的に前回やってみたわけですけど、結構ラジオ的コンテンツを配信されている方が多いのが「note」です。

リスペクトしたくなる人は見かけや知識でなし まず「note」を使って生産開始

「note」自体はサービス開始当初からおもしろそうだなって思って登録はしてたけど、なかなか使えてなかったわけで、最近になってようやくブログの書き直し記事なんかを投稿してました。で今回、ラジオ的コンテンツを「note」に投稿。

『...うん。やはりラジオ的コンテンツの方が「note」らしいな』

って思った次第。面白そうだなって思いながら、どんなコンテンツで利用しようかなって悩ましかった「note」。

『ラジオふじみき』2020.05.09 新曲「いつものような青空」編|ふじみきnote|note

ようやく「コレ!」って感じの使い方ができた気がする。時間があれば「YouTube」の動画とともに、「note」のラジオもどんどん作っていきたいです(^^)。

最新音楽活動情報

ブログ 検索

ブログ アーカイブ

QooQ