梅雨入り時期までマスク着用 通気性のよいマスクって飛沫も通すんじゃない?

2020年6月11日

Life Log ニュース

t f B! P L
住んでる大阪もそうですけど梅雨入りしましたね。ジメジメして嫌な季節です。そんな時期ですが、新型コロナ感染症対策でマスクをしてるわけですが、まさかこの時期にマスクをすることになろうとは。ちょっと前マスクしてても眼鏡が曇らなくなったって思ったのもつかの間、もうマスクが苦しいですから(^_^;)。

そんなマスクに苦しんでる人が多いみたい



コチラ↑↑の「いらすとや」のマスクをした人は笑ってるけど、もうそんな時期じゃないみたい。さっきGoogleで「冷たい...」って検索ワードを入力したら、トップに

「冷たいマスク」

が候補としてトップに挙がってますから。皆さん苦しまれてるようやね。

巷ではそんな冷たいマスクや苦しくない...いわゆる通気性のよさそうなマスクが発売されはじめて話題になってるようです。確かに蒸れなく通気性のよいマスクを使いたいけど

『そもそもマスクとしての効果はどう?』

って思う人が多いんじゃないでしょうかね。かくいう僕もその一人。ってことで調べてみると...

"夏用マスク" その効果は?使い方は? 専門家に聞く 静岡

コチラの専門家の方の意見としては、ウイルスの侵入を防ぐことはできなく

主に直接顔を触らないということ、それから喉を保護する目的、それと飛沫を飛ばさないという目的も、一部の大きい飛沫に於いては拡散を防ぐことができるので、その部分を期待して着用するということが重要になる

ってことなので効果としては従来のマスクより落ちるけど、しないよりした方がマシってことなのかな。マスクで熱中症になっても困るし、何より最近自分がそうなんですけどついつい

マスクをアゴのところまでずらしちゃう

んですよね(^_^;)。 その状態で人と話をするくらいなら、効果としては薄いけど夏用マスクをした方がいいのかも。やっぱ、ちょっと探してみよう(^^)。

政府が配布している布マスクですが...

さて我が家にはまだ到着しない布製の「アベノマスク」。この布製マスクも、通常の不織布マスクより効果は薄いそうで...。色んな人にとやかく言われている「アベノマスク」。これだけ配布が遅れるのなら、通気性に優れた素材の夏用マスクにしたらよかったのに。だったらもう少し歓迎されてたのにね。

ブログ 検索

ブログ アーカイブ

QooQ