とやかく言ったり言われるものでない 迷惑かけなければ趣味は思い通りでいい 

2020年6月7日

音楽活動 音楽活動その他

t f B! P L
もう10年目となります「カバーDEナイト」にお邪魔してきました。


なんか力の抜けた表情でリラックスした感じ(^_^;)。通常のライブとは違う、この感覚がやっぱり面白い。いいオリジナル曲を作りたいとか、いいライブをしたいとか...普段そんな力みがあるんかなぁ。この感覚もベースとして大切にしたいです。

趣味としての楽しみ方

ライブなど音楽活動していると、人それぞれのやり方や向き合い方があって、それぞれに意見はあるようなんですよ。例えば音楽活動で言えば

ライブへの取り組み方とか姿勢とか

とかにね。はっきり言って僕そんなものを凄くめんどくさく思うタイプなんですね。僕にもそれなりに考えがあって公の場でない場所、例えば親しい方とかには話す事はあります。でも人の目に触れるような、例えばSNSとかで『こうあるべき』みたいな意見は言いたくないし、見ていて非常にめんどくさい。もちろん意見があってもいいけど、趣味なんですから人に迷惑をかけなければいいやん...てね。

そういや、だいぶ昔ですけど「ライブ活動っていい趣味ですね!」って言ってくれた方に怒ってた人いたなぁ。

『趣味なんてそんな浅いもんじゃない、ミュージシャンなんだ』

って。これもどうかなぁ〜って思ったわ。プライドを持ってやるのはもちろんいいけど、そのプライドまで他人に押し付けるのどうよって。だってさぁ〜。生活のためにメインで他の仕事しているのであれば、周りの人はミュージシャンとは思わないもん。

趣味なんてストレスなくやりたいもの。だから他人がどう言おうが思う通りにやればいい。でも他人にどうこう言うなって話です。まだ学生時代だったかな、凄いいい曲書いてうまい方がいらっしゃたんですね。その方に「プロにならないんですか?」って聞いてみたのよ。

「プロって自分で名乗るのもなぁ〜。他人に認められて言われる称号でしょ」

って。カッコいいって思ったもんですよ。その方こうも言ってた

「趣味でもプライド持ってやればいいだけのことだから」

今改めてその通りだと思う。自分なりのプライドでやるのが趣味。誰にも当てはまる心構えなどないんですからね。

ブログ 検索

ブログ アーカイブ

QooQ