パジェロ終焉 相手と対抗する時、自分より強い弱いで戦略は違うと思った

2020年7月27日

Life Log ニュース

t f B! P L
少しショッキングというか...でもどこかやっぱりって思ったニュース。

三菱自、岐阜工場を21年上期に閉鎖 欧州は新商品凍結

4月に8月に生産終了するとのニュースが出てましたけど、製造している工場自体も閉鎖になるとか。予想はできてたけど、改めて閉鎖のニュースを耳にすると残念だなぁ。僕らの世代ではパジェロってビッグネームで大人気の車種。バラエティ番組では、最後のダーツゲームの景品で『パジェロ!パジェロ!』ってコールしていたのも記憶に新しい。あれだけの人気モデルだったのに、なぜこんな事態になったのかな。

三菱自動車のリコール隠し問題はあるけど...

それが主な原因なのか。そう言われると、そうじゃないとは思うんよね。進むべき道を誤ったというか、それが原因だと思ってる。三菱自動車ってもともとラリーのイメージがある。「パリダカ」ではパジェロが数々の伝説を産んでたことからもわかる。



それがブランドアイデンティティなのに、ランエボ(ランサーエボリューション)を廃止したあたりから、自らその強みを放棄したように思うわけです。このあたりは傘下に入った日産の指示かもしれないけど

マニアックなメーカーなのに、その強みを放棄してはダメ

ってのは誰でもわかることですもん。

相手に対抗する手段

二つの方法があると思う。相手と比較して劣っている部分を相手並みにしようとする方法と自分の強みをさらに強くしようとする方法です。これは、どちらかが正しい戦略なのかは議論がわかれるところで、多角化を図って失敗した企業もあれば、強みに注力しすぎて衰退した企業もある。そうどちらが正しいってことはないけど、

弱者が強者に対応するには強みを伸ばす方がいい

ってのは間違ってないんじゃないかな。劣っている部分を伸ばそうなんて、余裕のある方がやる戦略だと思う。国内自動車メーカーの位置関係で考えれば三菱自動車のとる戦略って、素人考えでは絶対にパジェロ、ランエボ等に注力...だと思うんやけどなぁ。そこをおろそかにすると、ニッチなファンにまで愛想を尽かされ、結果...ってなるでしょ。

これは自動車メーカーだけにとどまらず色々な部分で思う事であって、少し話ははずれるけど、自分の弾き語りスタイルについてもそう思って取り組んでる部分があります。僕はリードは弾けないし、ブルースも弾けない。でもそこに手を出すことはあまりせず、フォークスタイルっていう範囲の狭い部分を反復練習するって感じ。自分の特徴はソレだと思ってるんでね。そこを極めているわけでないのに、他に手をつけることはできないんです。

なにぶん『自分、不器用ですから』

ブログ 検索

ブログ アーカイブ

QooQ