K.YAIRI ハイエンドシリーズ「YS」 フラッグシップというには目立たない理由

2020年7月30日

K.YAIRI アコギ

t f B! P L
先日触れた「85th Anniv. K.YAIRI OUTLET SALE」。ページを訪れますと、出品されるアコギが既に並んでます。

K.Yairi Web Shop / 85th限定アウトレット

コチラ↑↑のページをご覧いただきますと、エンジェルシリーズで展開されている「RF」「LO」「BL」シェイプが多いようですね。確かにお得なプライスなようで、カラーもレギュラーモデルとは違うラインナップ。8/8 12:00より購入可能なようで、事前にチェックしてお目当てのモデルがあれば是非に。早いモノ勝ちです(^^)。

僕のお目当てモデルは...

K.YAIRI OUTLET SALE開催のニュース 告知に使われてる言葉で気持ちが前に

この前書いたように「マホガニー」があればって書いたわけですが、残念ながらそそるモデルが見当たらず。ですが85周年限定アウトレットではなく、実は通常のアウトレットに気になるモデルがあります。


「YS-902L」です。上質なマホガニーモデルが、ショールームの試奏品として使われてたとは言え、10万円ほどお得なプライス。再調整した上での出品なので、文句なしにお得でしょう。...とはいえよくわからないんですよねぇ~。

K.YAIRI YSシリーズ

K.YAIRIのフラッグシップシリーズ「YSシリーズ」。ウェブサイトにも堂々と

「Highend Series」

と書いてあります。ですけど周りにこのシリーズを使用している人もいないし、YouTubeにもあまり試奏動画が見当たらない。いい材料を使っていると思うし、作りや仕上げも丁寧だとは思う。ただ一度だけ試奏する機会があったけど、YSシリーズもK.YAIRIらしいなぁ~って印象が残ったけど「おぉ~これが!さすがハイエンド!」とはならなかった。そう「Highend」たる所以がわからなかったんですわ。だって作りや仕上げがいいのは他のシリーズも同じだし、音色はやはりK.YAIRIっぽいですから。

やっぱYSシリーズの価格帯が微妙なんでしょうねぇ~。36万円~50万円って価格は、MartinやGibsonなど人気ブランドが充分狙えますから。よほどのK.YAIRIファンがターゲットになってくるシリーズと言えるわけです。でも、この価格帯を出してK.YAIRI買おうってファンの方は

きっとカスタムオーダーすると思う(^^)。

「YSシリーズ」と「カスタムオーダー」。K.YAIRIが好きな僕にとっては、どちらも憧れですが、まだ達成することができない夢ではあります。だからよくわからないんですよね。でも

  • 試奏して最高に気に入った上での「YS」シリーズ
  • 完成するまでわからない怖さがあるけど、こだわりの「カスタムオーダー」

いずれもファンにとっては、手にすれば至福の相棒になるのは間違いないと思います。

ブログ 検索

ブログ アーカイブ

QooQ