Bloggerの弱点とされてた部分が改善 「pタグ」が使えてもっさり感が消えた

2020年8月27日

Blogger ネット

t f B! P L

気が付けばBloggerでブログを書き始めて2年半以上経過してる。改めて無料ブログサービスの中では機能面で言えば頭一つ、いや二つは抜けてると思います。サービス側の広告が自動で表示されないことから始まって、独自ドメインが利用可能、固定ページが作成できる等々、ブログを運営しない方なら「?」って部分かもしれませんが、運営していただくとわかると

これ無料でできるのってBloggerだけだよね

ってなるはず。実際他でブログを運営されてた方が、Bloggerへ移ってるのも目にします。ちなみに僕が毎日訪問してるブログでも2つほどあるくらいですから。地味ながら、その良さが浸透してるんだなぁ~って思うね。


Bloggerの弱点って言われてた部分


よく言われることとしてはブログサービスとしてのポータルサイトがないので、読みに来てもらいにくいってこと。これは確かにそうだけど、某はてなブログで実験したけど新着記事が一覧表示されるポータルサイトがあったところで、そこからのアクセスなんてなかったから(^_^;)。だから、これはもはや弱点ではないと言える。

もう一つ弱点とされてたのが

BloggerにおけるPタグ問題

こちらの「pタグ」が使えないってこと。<p>~</p>によって段落を区切る「pタグ」が、Bloggerの編集画面を使うと消えてしまうって問題ですね。例えば話題を少し変える場合は、段落を変えるわけだけどそんな際に「pタグ」を使います。でも「pタグ」が消えてしまうBloggerでは、<br>を使い改行することで見た目段落を分けてるように見せるわけですね。実際僕もそのようにしてました。それが、なんとなく見た目もっさり感がある...なんて言う人もいらっしゃったり、なによりhtmlのお作法としてあまりよろしくないって言われてるんですね。ですが先日のBloggerの管理画面が変更になってから

編集画面で「pタグ」が普通に使える仕様に進化

しているようです(^^)。新規で記事を書く際に自動で「pタグ」が挿入されてます。しばらくは様子を見て、従来どおり改行コードを使ってましたけど、本日のこの記事から進化した仕様を使うべく

p{
margin-top : 20px;
}

CSSへコチラ↑↑を追加し「pタグ」利用開始。見た目のもっさり感はいかがでしょう?

ってことで、弱点の一つがクリアされたこともあり、ますます無料ブログサービスではBloggerの優位性が揺るぎないものになった気がするね。WordPressほど自由はないけど、ほどよくカスタマイズできることからも、なんとな~くWordPressを始めて運営に疲れぎみの方にも最適なブログサービスと思います。

ブログ 検索

ブログ アーカイブ

QooQ